この業界の片隅から

誰もが「それな!」と思うお得な情報を毎日お届け

スポンサーリンク

【西川貴教】初心者の方向け? 1stライブDVD&ブルーレイも出たので西川貴教さんの現在の活動とおすすめ楽曲を3つまとめてみた

スポンサーリンク


こんにちわ。こんばんわ。シーブックたけのりです。
本日、11月27日に西川貴教さんのライブDVD&ブルーレイ、Takanori Nishikawa 1st LIVE TOUR 「SINGularity」がリリースされました。


f:id:sbtmmdy:20191128012834j:plain

(フラゲしました。)


www.youtube.com




この作品はライブツアー「SINGularity」のファイナル公演を収めたものなのですが、
ツアーで度々「ドームに行きたい!」とシャウトしておりまして…
そのドームへ行くためには広く今の活動が認知されないといけないですよね…


ということで、映像作品としてこうしてリリースされたタイミングというのもあるし、
消臭力のCMや朝ドラのスカーレットの出演を始め、西川さんのラジオ番組を聴いていると、
最近の活動から西川さんに興味を持った方もいるようようです…
少しでも西川さんを知ってくれる方がファンとしては増えてほしい…

なので、改めて、西川さんの現在の活動と何をしているのか?
というのをファンとしてわかるところだけ整理して、ついでにどういう楽曲を聴けばいいのか?という個人的なおすすめを3つピックアップしてみました。
自分の西川貴教さんについて書いている個人ブログでやるような内容ですが、
ファン以外の方の目に触れる機会がこちらの方だとありそうなのでいいかなと。


西川さんの主な活動


まず、西川さんは主に3つの形態で現在活動しています。
それぞれの違いと現状みたいなものをざっくり整理してみました。


・T.M.Revolution


西川さんが関わっている中で、世間的に1番知られているプロジェクト。
ヒット曲も多数。風。
浅倉大介さんのプロデュースでデビューしたが、現在は西川さんによるセルフプロデュースになっています。
浅倉さんは楽曲提供者として参加。
独特の歌詞や衣装が特徴。
20年以上活動しているので、楽曲はバラエティに富んでいて、HOTLIMITのようなJ-POPの王道的なものから、多種多様なジャンルのものがあります。
2016年のさいたまスーパーアリーナでのライブ以降、イベントやフェスに出演することはあるものの、
リリースなどはなく、ほぼ活動休止に近い状態になっています。


abingdon boys school


バンドやろうぜ!ということで始まった西川さんがボーカル、フロントマンを務める4人組ロックバンド。
メンバーがそれぞれ個々で活動し、プレイヤー、クリエイターとしても一流。
リーダーはキーボードの岸さん。西川さんは一メンバーとして参加。
ポップな楽曲もあるが、ハードロック、ラウド、ミクスチャーなどゴリゴリしたサウンドを中心に展開。
長らくリリースはないが、ここ数年、イナズマロックフェスでのライブ活動は継続。
まだ正式に発表されていないが、来年ツアーが予定されています。


西川貴教


T.M.Revolutionの活動が20年以上となり、もう1度自分の声で勝負したいと思った西川さんがスタートさせた本名名義のプロジェクト。
これまで関わったことのないクリエイター陣が楽曲制作に参加していたり、ライブのサポートメンバーも若いプレイヤーが中心になっていて、
DJを加えるスタイルを取り込む、EDMなど最新のトレンドを取り入れるなど、2つの活動とは違った新たな試みを行っています。
しかし、T.M.Revolutionでのライブのサポートメンバーやabingdon boys schoolのメンバー等も楽曲制作に参加しているので、
2つの活動の集大成感を感じさせるプロジェクトでもあります。
今、西川さんが音楽活動の軸としているのはこのプロジェクトです。


かなりざっくりとした説明ですみませんが、こんな感じとなっております。
これに加えて、テレビやラジオ、ネットメディアの出演ですね、


で、T.M.Revolutionは現在、お休み状態で、abingdon boys schoolはゆっくり動いてる状態。
今、基本としてガツンと動かしているのが「西川貴教」となっています。


スポンサーリンク


何から聴けばいいのか問題


さて、西川さんの活動に関する説明をしたところで。
じゃあ、興味を持った方、好きになった方が、今から何のどの音楽を聴けばいいのか?となると思うんです。
いろいろ曲あるんじゃないかと。


それなんですが、まだ西川貴教としてデビューして1年半ほど。配信を含めてもシングルは6曲、アルバムもまだ1枚です。そう多くはありません。
T.M.Revolutionもabingdon boys schoolはシングルもアルバムも多数存在します…
そちらも是非聴いていただきたいし、おすすめしたいんですが、今のメインの活動は西川貴教としてですし、
シングルもアルバムも最新のは西川貴教なのです。
追い始めるなら今がチャンス…
ってことで、とりあえずこの3曲聴いておけば問題ないってのをピックアップ。


Crescent Cutlass


www.youtube.com


とにもかくにも、まずは最新シングル。
雄たけびのようなシャウトから始まる非常にキャッチーで勢いのある楽曲。
西川さんの溜めて溜めて何かを解き放つような歌声も特徴的。
楽曲を制作した澤野弘之さんとはHis/Story / Roll The Diceでもタッグを組み、澤野さん自身のプロジェクトでも西川さんがボーカルで参加したりと、
非常に結びつきが強くなっています。
その辺りを理解する入口としてもいいですし、T.M.Revolutionもabingdon boys schoolとはちょっと違うかもと理解し始める入口としてもいい楽曲です。


UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)


www.youtube.com



ライブで演奏が始まると会場のテンションが上がるのがわかる、西川貴教にとってのキラーチューンと言える楽曲。
作曲、プレイヤーとしてあの布袋さんが参加しているだけあって、布袋色も存分に出ているので、
聴きやすい、イメージしやすい曲だと思います。
また他のプロジェクトとは違い、あくまで西川貴教が一ボーカリストとして誰かのカラーに染まって歌っているというのも感じやすい曲かと。



ever free


www.youtube.com


最後はhide TRIBUTE IMPULSEというhideさんのトリビュートアルバムに参加した際にカバーした楽曲。
T.M.Revolution感もabingdon boys school感もあり、西川貴教として始動してから制作したチームで作られているので、今の活動感もあり。
全ての入口としてもいいし、カバー曲、hideさんの楽曲ということもあり、元の楽曲を知っている方もいるのではないでしょうか。
ってことで聴きやすいんじゃないかと最後にセレクトしました。


他のシングルやコラボレーション楽曲もありますが、まずは入口としてこの3つが個人的にはベストかなと。
ここから徐々に西川貴教を聴いていくのもいいですし、T.M.Revolutionもabingdon boys schoolに手を伸ばしいくのもいいと思います。
そこから西川さんの最大の魅力が感じられると言っていいライブに足を運んでいただけたら言うことないです…


最後に


整理すると


・西川さんは3つの形態で主に活動している

・メインで今、現在、動いているのは西川貴教名義

・興味を持った方、初めて聴く人に個人的におすすめなのはCrescent Cutlass、UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)、ever free


です。
今回はこういった形の記事となりましたが、西川さんのライブに関することとか、
またT.M.Rやa.bsについての説明とかもどうでしょうか?需要ありますかね?やれたらと思いますが…どうかな…?
とりあえず、今回はこんな感じで